ブログ

著者:サーマル化工株式会社

「第33期 第1回 高圧ガス保安講習会」

7月6日(金) 今期第1回目の「高圧ガス保安講習会」を
株式会社サイサン様、大陽日酸北関東支社様に講師をご依頼し
開催いたしました。

前回は1年ほど前に行いましたが、今回はサーマル化工が主として
使用している「水素ガス」の講義を中心に行いました。

真剣な表情です。
それもそのはず、重大事故事例、爆発実験の動画が流れています。
化学の力は便利ですが、ほんの少しのミスが重大事故へとつながり
ガスにいたっては人間ではどうすることもできない「臨界事故」につながる
可能性もあります。

暑さで疲労困憊の週末に、身が引き締まるおもいでした。
関係者各位、ご協力いただきまして誠にありがとうございました。

安全な生産体制を守り、これからも互いに成長していける企業となるよう
よりよい稼働を心掛けていきます。

また、7月5日(木)は青森・秋田・岩手・北海道合同商談会2018 場所:東京流通センター
ではお忙しい中、ご商談いただきまして誠にありがとうございました。

今後とも、よろしくお願いいたします。

著者:サーマル化工株式会社

「第33期 第4回 月次報告会」 蕨駅前 ロス・ボラチョス

今月よりロシア2018ワールドカップ開催となりました。
サッカー経験者が多いサーマル化工では連日ワールドカップの話題ばかりです。
開催中は日勤者は寝不足・・・・ 夜勤者はTV観戦と応援で疲労・・・・
と、いうわけで工場内モニターでも見逃すことなく世界最高峰のプレーを楽しむことが
出来ます。そして今夜、運命の一戦ですね。がんばれ日本!

そして先週、急に暑くなった梅雨時期に、2年連続でJR蕨駅前の「ロス・ボラチョス」さんで
今期4回目の月次報告会を行いました。
前年はテキーラを飲みすぎ、レッドカード2名 イエロー複数名を出してしまい、
今年は飲み方のルールを厳しく設定し、メキシコ戦(メキシコ料理のお店です)に臨みました。
前年の反省を活かし、美味しい料理とお酒を楽しみ、夏本番を迎えます。
熱処理業としては過酷な季節がやってきましたが、全員一丸となって暑い暑いさいたまの夏を乗り切ります。

そしてイエローを2枚もらい(テキーラショットは2杯まで、間隔は30分空けること)をやぶった酒豪の最高の笑顔です。
危ないのでこのまま退場、まっすぐ帰宅したとのことです。

来月は涼しい場所で月次報告会の予定です。

著者:サーマル化工株式会社

「夢ある埼玉・就活プロジェクト」 大宮ソニックシティホール

6月4日(月) 大宮ソニックシティにて、埼玉県主催の「夢ある埼玉・就活プロジェクト」
に参加いたしました。
当日は多くの学生に来場いただきました。誠にありがとうございます。

サーマル化工としては初参加となり、当日担当した入社2~5年目の三名が打ち合わせを
繰り返し、ブースの設営、会社案内のポイントを企画しました。

真剣な表情で会社案内するみなさんです。
今後も埼玉県を中心とした就活セミナーへの参加を続けます。

素晴らしい仲間と出会えることを願います。

著者:サーマル化工株式会社

「第33期 第3回 月次報告会」 浦和ロイヤルパインズホテル


大型連休も終わり、今期もあっという間に四半期が終わろうとしています。今年は気温の高低が激しく、今回の場所を企画した先月はすでに夏日ということで、思い切って場所を浦和ロイヤルパインズホテル内
旬菜「赤松」にてビアガーデンにしました!


少し早いのですが、真夏開催ですと天候が崩れることが多く(埼玉県南はウェザーニュース社がゲリラ豪雨発生調査をしているくらいです)
前倒ししよう、ということです。


夕方になり、風が冷たくなってきましたが、天候は崩れることなく、ビールとBBQスタイルの料理を堪能しました。
月次の結果は、大手決算明けなので静かなものです。
毎年のことなので、今月、来月からが頑張りどころですね。


そして全員集合で元気な一コマ。来週からは猛暑日に迫る気温の高さ。気温と天気の話ばかりですが、サーマル化工は「熱処理屋」なので
気温が高い=熱中症の危険性が高くなる
天候が悪い=材質によりあっという間に錆びてしまう
なのです。
では体調管理に十分注意して、これからの夏本番に立ち向かいます!

著者:サーマル化工株式会社

「第33期 第2回 月次報告会」 東川口 九州居酒屋 蓮

短い春も終わり、初夏のような陽気の中、今期3回目の月次報告会となりました。この日は夏日に届くくらいの暑さでした。

場所は東川口にあります九州料理「蓮」にて開催。埼玉スタジアムのそば、浦和レッズの本拠地ですね。

馬刺 チキン南蛮 明太子に舌鼓

今期もおかげさまで順調な滑り出しとなっております。が、油断は禁物です。世界に誇れる素晴らしい技術力をもった中小企業がこれほどある国は他にはないと感じます。

これからも技術力を磨き、皆様のご要望以上の答えを出す会社、サーマル化工であり続けます。