営業品目

光輝焼鈍

無酸化雰囲気中(真空炉、不活性ガス雰囲気炉等)に加熱保持→炉冷を行い処理前と同等の光輝性のある外観に仕上げる。

磁気焼鈍

強磁性体としての性質を利用して
様々な機能を実現するために用いられる材料。

1)軟磁性材料

保持力が小さく透磁率が大きい事を特徴とする材料。コイルやトランス等の磁芯、磁気ヨーク、磁気シールド等に用いられる(パーマロイ、ケイ素鉄、純鉄等)磁気焼鈍は、水素ガス雰囲気炉、真空炉等で、パーマロイは1000~1200℃、ケイ素鉄は900 ~950℃、純鉄類は800~950℃で一般に処理される。

2)硬磁性材料

保持力が大きい事を特徴とする材料。永久磁石として用いられる(アルニコ磁石、フェライト磁石、サマリウムコバルト磁石等)(硬磁性材料は磁気焼鈍は行わない)

析出硬化

高温から急冷し、一種以上の化合物を含む過飽和固溶体を生成保持し(溶体化処理)以降、比較的低温(適切温度)に加熱し硬化する。

応力除去焼鈍

材料及び部品類の加工により、外力に対し発生する内部応力を、後に発生する歪、変形、割れ等を防止するための焼鈍(鉄鋼類:600~700℃)

固溶化

合金は、一般に温度が高くなると基本金属に加える合金元素は溶け込み易くなる。
合金固有の温度に加熱した後急冷すると、低温では析出するはずの合金元素が固溶(溶け込み)したままとなる。この現象を言う。

水素吸蔵処理・水素還元処理

チタン・タンタル・ニオブ・ネオジムなどの希土類(レアアース)への水素特殊処理を承ります。
レアアース特殊合金の水素還元処理の実績もございます。

その他相談に応じます。真空処理、混合ガス、高周波、ソルトバス焼入れ、軟窒化、ロー付け、ベーキング処理