「研究・開発・試作 Q&A その2」

著者:sa-maru_002

「研究・開発・試作 Q&A その2」

「研究・開発・試作」本当に受けてくれますか?

サーマル化工にお問い合わせいただく「研究・開発・試作」の案件には

色々な事例があります。

 

Q「条件が複雑で長時間ですが、熱処理受けてくれますか?」

A「はい、行えます。24時間、人の目による管理も行っておりますので安心です」

メーカー:CHINO KR2000 プログラム温調計(最大30ステップ)

デジタルチャート:CHINO CR3000

遠隔管理システム:CISAS (オリジナルスペック)

と連動しており、IOTとひとの目で確認しています。

毎週月曜から金曜まで、最長120時間の処理が可能です。

また、大型・小型炉を14基保有しておりますので、サイズの対応も可能です。

設備一覧」に関してはこちらをご覧ください。

Q「100μm以下ですが、熱処理は可能でしょうか」

A「はい、大丈夫です。産学官連携による知見のもと、最適な熱処理を提案いたします」

材質:パーマロイ サイズ90μm

処理条件:1100℃ 3時間保持 水素雰囲気中

このサイズより小さい50μm以下の部品や粉末、箔なども実績があります。

各大学の研究室と連携し最適な熱処理や可能性をご提案いたします。

水素雰囲気による熱処理」に関してはこちらをご覧ください。

Q「開発案件です、材料の測定や分析は可能ですか?」

A「はい、可能です。官民連携し金属特性に限らず、表面状態、成分分析まで承ります」

材質:78%パーマロイ(MPC)

45%パーマロイ(PB)

サイズ:JISリング 積層巻き線による測定

処理条件:1100℃ 3時間保持 水素雰囲気中と真空中の比較測定データです。

埼玉県産業技術センター・東京都産業技術センター・非破壊検査・各大学との

連携により、他社では測定が困難な測定・分析も可能です。

外部委託の検査は別途お見積り、お打ち合わせの上、ご提案いたします。

また、工場現調、立ち合い実証、いつでもご連絡ください。

上記測定データの詳細ご覧いただきたい方は

こちらの お問い合わせフォームにご連絡いただければ幸いです。

 

 

サーマル化工では研究開発専用の設備を中枢事業としています。

比較材料の購入・加工、熱処理後の表面処理(メッキ・被膜・特殊コーティング)

も受けたまわります。面倒な加工会社探し、手続きに時間を有している皆様

ものづくり企業のネットワークでワンストップサービスを提供いたします。

お気軽に、熱処理のことならサーマル化工へ。

 

次回更新予定は「熱処理に関する不具合」です。

 

水素熱処理のサーマル化工

「よくわかるサーマル化工サイトはこちら」

品質、納期、価格面、技術面のお悩みは対応力が自慢のサーマル化工にお問い合わせください。

24時間対応いたします。資料請求もお気軽にどうぞ。