タグアーカイブ 熱処理,焼鈍,金属,磁気焼鈍,応力除去,焼きなまし

「熱処理後の梱包」

「焼鈍後の梱包も大切です」

熱処理の焼鈍後は錆びや変色にも注意が必要ですが

焼鈍(焼きなまし)後は硬度が著しく低下し

変形の原因となる場合があります。

サーマル化工で行っている磁気焼鈍(じきしょうどん)

部品ですと磁気特性の劣化(衝撃により磁化してしまう)

も起こりうる可能性があります。

製品にとっては「不具合品」とされてしまいます。

 

 

「梱包の重要性」

磁力の方向性を揃えて、磁性材料の特性を活かす、これが磁気焼鈍です。

衝撃による磁気特性劣化は電気部品の場合、製品になるまで

不具合が分かりにくく、一度起こってしまうと原因を

特定するのは困難を極めます。

詳しくは下記のブログをご覧ください。

「熱処理の磁気焼鈍とは」

 

「熱処理後の硬度一覧です」

材質別焼鈍後の硬度一覧になります。

温度 材質 内容(HVビッカース硬度) 時間
純鉄(生材) 元硬度(加工硬化した場合)HV200~300

磁気焼鈍処理後(850℃)HV60~100

パーマロイ 元硬度(加工硬化した場合) HV180~300

磁気焼鈍処理後(1100℃)HV50~80

ステンレス オーステナイト系(圧延後) HV300~500

固溶化処理後(1100℃) HV120~180

真鍮

アルミ

純銅(加工硬化後)      HV100~150

焼鈍処理後(C1100) HV40~60

真鍮(加工硬化後)      HV85~150

焼鈍処理後(C3604) HV60~100

アルミ(加工硬化後)     HV160~200

焼鈍処理後(A5056)    HV80~100

※加工後及び熱処理後の硬度はおおよその数値となります。

加工精度、熱処理温度により異なりますので詳細はお問い合わせ下さい。

このように磁気焼鈍、焼鈍後は半分程度の硬度となり、

HV50とは、ひとのちからで簡単に曲げられる硬度となります。

 

 

「梱包の一例です」

段ボールの内側をすべて緩衝材で囲います。

錆びにも強く、衝撃による変形や破損を

防ぎます。

ポリプロピレンの外装箱ですとなお

強度が増し、再利用が可能です。

上部や隙間にはエアパッキンを使用します。

紙類を使用すると湿気による錆びが

懸念されます。

なるべく使用は避けたほうが良いでしょう。

製造ロットなどを管理する場合は

さらに小型のPPトレーで分類します。

また、小分けにすることで製品同士

のキズや変形も防ぐことが可能です。

測定サンプルなどは製品と分けて梱包します。

ビッカース硬度計などで測定すると

ごく僅かですが打痕が発生します。

また、保磁力測定では磁場装置工程で

変形やキズのつく恐れがあるためです。

 

「研究開発案件を事業としています」

サーマル化工ではこのような今までにない

熱処理で素材の付加価値を高める

研究開発を事業としておこなっています。

研究開発を行っている企業様で熱処理に関しての

計画のある案件はぜひご連絡いただければ幸いです。

また、当面の間、大学、高専の研究案件に関しましては

無償で行います。

詳しくはこちらをご覧ください。

「サーマル化工としてできること」

 

「YouTubeチャンネル開始しました」

また始めたばかりです。

目的として、とても伝わりにくい「熱処理」を

身近に感じていただく、興味をもっていただく

観点からデジタル工場見学会へつなぐための一歩です。

 

技術的、学術的、歴史的観点から相違する部分もございますが、

お時間ございましたらご覧いただければ幸いです。

サーマル化工YouTubeチャンネルは下記アドレスからご覧いただけます。

https://www.youtube.com/channel/UCAr-CikvUXtxiPe54j0xDxg?view_as=subscriber

 

その他にも

比較材料の購入・加工、熱処理後の表面処理(メッキ・被膜・特殊コーティング)

面倒な加工会社探し、手続きに時間を有している皆様

ものづくり企業のネットワークでワンストップサービスを提供いたします。

まずはお気軽に、熱処理のことならサーマル化工へ。

こちらの お問い合わせフォームにご連絡いただければ幸いです。

純鉄0.1mm磁気焼鈍後

黒染め・パーカー処理を行ったサンプルです。

熱処理無料相談窓口を開設いたしました。

こちらをクリックしていただくと、専用ページに移行します。

どんな内容でも構いません。

サーマル化工内の熱処理でなくとも大丈夫です。

まずはご連絡ください。

60分以内にご返信、ご案内いたします。

 

 

 

水素熱処理のサーマル化工

よくわかるサーマル化工サイトはこちら

 

 

 

 

「脱炭処理について」

「脱炭(だったん)と読みます」

今回は炭素が無くなる脱炭に関しての投稿です。

熱処理には「浸炭焼入れ」(しんたんやきいれ)

「浸炭窒化」(しんたんちっか)などの硬化処理があります。

サーマル化工ではこれらの処理は自社内では行っていませんが

協力会社様で行えます。

硬くなるものが、軟らかくなってしまうので硬さを求める

製品にとっては「不具合品」とされてしまいます。

 

 

「脱炭の目的とは」

目的に応じて組織を変化させること、これが熱処理です。

炭素があると困るものは電気部品に使われる金属です。

詳しくは下記のブログをご覧ください。

「熱処理の磁気焼鈍とは」

 

 

「脱炭量を調整してみます」

焼鈍の一覧になります。

温度 種類 内容 時間
応力除去焼鈍 材料がつくられる段階の冷える速度により、

大きな内部応力が生じます。

これを除くのがひずみ取り焼鈍です。

あらかじめ焼鈍材として販売していることもあります。

中間焼鈍 一般的な加工をすると、

材料は徐々に加工硬化を起こします。

破断などを防ぐために途中で熱処理を行います。

目的によって完成品の硬度を調整したり、

バネ性を向上するために行う材質もあります。

キュリー 球状化焼鈍

拡散焼鈍

材質(炭素量)により行う焼鈍です。

組織中に球状炭化物を拡散させる熱処理です。

均一の温度は拡散処理の安定につながります。

やや

完全焼鈍

磁気焼鈍

鋼の場合、ここの温度はγ域温度

(A3もしくはA1温度以上)となり、

磁性材料の場合は磁気焼鈍の温度になります。

完全焼鈍はおこなうと元の硬度や組織には戻せません。

また、均等に加熱しないと組織がばらつきます

色々と調べましたが、脱炭に関しての記述は少なく、

はっきりとした温度はわかりません。

理論上、水素雰囲気中でかつ、酸素が多く(もしくは酸化物)

熱処理温度が高ければ、脱炭は起こります。

0.044%炭素鋼の脱炭処理をおこないます。

水素雰囲気で行い還元し、脱炭しました。

結果

0.001%まで脱炭しました。

研究案件:山方技術士事務所様

成分分析:埼玉県産業技術センター様

 

しかしながら、「炭素量の調整」とまではいかず、

炭素鋼や低炭素鋼の活用方法を広げるまでの結果とは

なりませんでした。

 

「研究開発案件を事業としています」

サーマル化工ではこのような今までにない

熱処理で素材の付加価値を高める

研究開発を事業としておこなっています。

研究開発を行っている企業様で熱処理に関しての

計画のある案件はぜひご連絡いただければ幸いです。

また、当面の間、大学、高専の研究案件に関しましては

無償で行います。

詳しくはこちらをご覧ください。

「サーマル化工としてできること」

 

「YouTubeチャンネル開始しました」

また始めたばかりです。

目的として、とても伝わりにくい「熱処理」を

身近に感じていただく、興味をもっていただく

観点からデジタル工場見学会へつなぐための一歩です。

 

技術的、学術的、歴史的観点から相違する部分もございますが、

お時間ございましたらご覧いただければ幸いです。

サーマル化工YouTubeチャンネルは下記アドレスからご覧いただけます。

 

 

その他にも

比較材料の購入・加工、熱処理後の表面処理(メッキ・被膜・特殊コーティング)

面倒な加工会社探し、手続きに時間を有している皆様

ものづくり企業のネットワークでワンストップサービスを提供いたします。

まずはお気軽に、熱処理のことならサーマル化工へ。

こちらの お問い合わせフォームにご連絡いただければ幸いです。

純鉄0.1mm磁気焼鈍後

黒染め・パーカー処理を行ったサンプルです。

熱処理無料相談窓口を開設いたしました。

こちらをクリックしていただくと、専用ページに移行します。

どんな内容でも構いません。

サーマル化工内の熱処理でなくとも大丈夫です。

まずはご連絡ください。

60分以内にご返信、ご案内いたします。

 

 

 

水素熱処理のサーマル化工

よくわかるサーマル化工サイトはこちら

 

 

 

 

「熱処理の焼鈍とは」

「焼鈍(しょうどん)と読みます」

今回は熱処理用語、焼きなまし=焼鈍に関しての投稿です。

サーマル化工は金属材料の焼鈍処理をおこなっています。

焼きなましは目的に応じて呼び方が違います。

 

「目的と組織変化」

目的に応じて組織を変化させること、これが熱処理です。

焼鈍(焼鈍は)目的によって温度が変わります。

 

 

「焼鈍の目的と種類」

目的 種類 呼称
内部応力の除去 ひずみ取り焼きなまし 応力除去焼鈍
冷間加工途中の軟化 中間焼きなまし 中間焼鈍
組織の調整 球状化・拡散焼きなまし 球状化・拡散焼鈍
結晶粒の微細化 完全焼きなまし 完全焼鈍(磁気焼鈍)

 

 

「適当な時間一定温度で処理します」

不親切な表現ですが材質と厚みや大きさで焼鈍温度は異なります

 

温度 種類 内容 時間
応力除去焼鈍 材料がつくられる段階の冷える速度により、

大きな内部応力が生じます。

これを除くのがひずみ取り焼鈍です。

あらかじめ焼鈍材として販売していることもあります。

中間焼鈍 一般的な加工をすると、

材料は徐々に加工硬化を起こします。

破断などを防ぐために途中で熱処理を行います。

目的によって完成品の硬度を調整したり、

バネ性を向上するために行う材質もあります。

キュリー 球状化焼鈍

拡散焼鈍

材質(炭素量)により行う焼鈍です。

組織中に球状炭化物を拡散させる熱処理です。

均一の温度は拡散処理の安定につながります。

やや

完全焼鈍

磁気焼鈍

鋼の場合、ここの温度はγ域温度

(A3もしくはA1温度以上)となり、

磁性材料の場合は磁気焼鈍の温度になります。

完全焼鈍はおこなうと元の硬度や組織には戻せません。

また、均等に加熱しないと組織がばらつきます


「冷却温度がなによりも大切です」

焼鈍処理すべてはなによりも「冷却温度」が大切です。

炉内でゆっくり冷やす「炉冷」が最重要ポイントになります。

また、炉から取り出す温度も重要になります。

サーマル化工では永年の経験とノウハウがあります。

標準的な温度パターンですが、冷却時間が全工程中

一番長くなっています。

そのため、サーマル化工は24時間連続稼働しているという

ことになります。

 

サーマル化工オンラインプロジェクト

「期間限定テスト版としてZoomでの商談をおこなえます」

2020年8月21日(金)まで

Zoomによる商談、工場案内を行えます。

時間や参加人数に制限はございません。

次回の予定は9月上旬から10月末までを予定しています。

ご希望のお客様は お問い合わせフォーム

電話・FAX・チャットボットからお問い合わせいただければ

ミーティング議事録ID、ワンタイムパスワードをご送付いたします。

どのような内容でも、工場見学だけでも可能です。

「YouTubeチャンネル開始しました」

また始めたばかりです。

目的として、とても伝わりにくい「熱処理」を

身近に感じていただく、興味をもっていただく

観点からデジタル工場見学会へつなぐための一歩です。

技術的、学術的、歴史的観点から相違する部分もございますが、

お時間ございましたらご覧いただければ幸いです。

サーマル化工YouTubeチャンネルは下記アドレスからご覧いただけます。

https://www.youtube.com/channel/UCAr-CikvUXtxiPe54j0xDxg?view_as=subscriber

 

第3回目はキュリー温度に関してです。

その他にも

比較材料の購入・加工、熱処理後の表面処理(メッキ・被膜・特殊コーティング)

面倒な加工会社探し、手続きに時間を有している皆様

ものづくり企業のネットワークでワンストップサービスを提供いたします。

まずはお気軽に、熱処理のことならサーマル化工へ。

こちらの お問い合わせフォームにご連絡いただければ幸いです。

熱処理無料相談窓口を開設いたしました。

こちらをクリックしていただくと、専用ページに移行します。

どんな内容でも構いません。

サーマル化工内の熱処理でなくとも大丈夫です。

まずはご連絡ください。

60分以内にご返信、ご案内いたします。

 

 

水素熱処理のサーマル化工

よくわかるサーマル化工サイトはこちら

 

 

 

 

品質、納期、価格面、技術面のお悩みは対応力が自慢のサーマル化工にお問い合わせください。

24時間対応いたします。資料請求もお気軽にどうぞ。