「金属の歴史」

「金属の歴史」

「鉄はいつ生まれた?」

 

最も古い鉄製品はメソポタミア(現在のイラク周辺)で発見されたものが紀元前5000年頃

ではないかと言われており、熱処理の始まりは、鉄の歴史とともに始まったとされています。

鉄はいつ、どこで生まれたのでしょうか。

その後、現在の中東(イラン、トルコ)エジプトなどからも鉄製品が発見されており、

それは紀元前3000年頃と推測されています。

 

 

 

「鉄はどこからやってきたのか」

 

隕石説(宇宙からの自然鉄)と冶金説(人工的につくりあげた鉄)この二つの説があります。

紀元前2500年頃に発見された鉄製品にはニッケルが含有されているので、

鉄隕石からつくられたのではという説。

これに対し、それほど隕石が落ちてくるようなことはまれで、また発見出来たとしても

鉄製品を造れるような大きさのものはそう多くない。

冶金説は山火事などで偶然に鉄が溶け、それを人間が打ったり、叩いたりしているうちに

鉄を造る技術、冶金技術を修得したのではないかという説。

過去の発見からは鉄隕石なのか、鉄鉱石から精錬して作った人工鉄(冶金)なのかは明らかになっていません。

 

 

 

「最古の金属は金だったのか」

 

 

はっきりとした文献などはありませんが、紀元前10000年頃、砂金より金を採取していたのでは

考えられおり、それからの3000年間で人類は自然銅を見つけ、製品を作る技術を得たと思われます。

紀元前5500年頃の銅製品がトルコ周辺で、その後エジプトにて銅の剣が発見されました。

それからも銀の貨幣、青銅器、鉛などが見つかり、同時期の鉄器も採掘されることで、

この頃には金属の加工技術はあったと考えられています。

そして紀元前2300年頃、黄金の装飾が施されている鉄短剣がトルコで発見されます。

この頃から金は貴金属として扱われ、権力の象徴であったのではないでしょうか。

 

 

 

 

「鉄の製造技術はいつからか」

 

それまでの発見された金属製品はいずれも、隕鉄か自然鉄を加工して作られたものではないかと

されていましたが、紀元前1800年頃にアナトリア周辺(現在のトルコ)で鉄の製造が始まったと

伝えられています。これは現代の精錬技術の基礎となったと言われ、当時、世界でも屈指の王国

ヒッタイトでは鉄製の武器が製造、使用されており正に世界最強の国となっていったようです。

ヒッタイト(紀元前1700年~1200年頃)は繁栄した王国で、

そこから発見された「キズワトナ文書」によるとこのように記されています。

 

「あなたから私に宛てた良い鉄に関してですが、今キズワトナの倉庫できらしています。

あなたに宛てた通り、良い鉄をつくるには悪い季節なのです。

今は良質の鉄を製造しているところです。まだ作業は終わっておりません。

出来上がりましたら、あなたに送ります。今日のところは、一振りの鉄剣を送ります。」

 

この文書から読み取れる説として

・ヒッタイトは鉄の製造技術を隠そうとしたのではないか。

・鉄の製造技術に季節が関係あることは本当なのか。

ヒッタイトは現在の地中海に面する広い範囲を、鉄という当時では無敵の素材を用いることで

領土としていきます。北の地域では季節風が吹くとかなり気温が下がる地域もあり、

気温を上手に利用して鉄を製造していたのではないでしょうか。

そしてこの気温(温度)が鉄に与える影響もわかっていたと考えると、

「ヒッタイトでは今から3000年前には熱処理をおこなっていた」

と解釈出来ます。

しかし、ヒッタイトの栄華は長くは続きません。400年の歴史と、鉄の製造技術、鉄器の生産技術とともに

ヒッタイトは滅亡します。時代は、紀元前1200年頃と伝えられています。

 

次回「金属の歴史2」に続きます。

 

参考文献:株式会社 上島熱処理工業所

顧問 鶴見州宏様

 

「焼鈍」専用ページはこちらから

 

 

 

 

「熱処理無料相談窓口を開設いたしました」

「こちらをクリック」していただくと、専用ページに移行します。

どんな内容でも構いません。すべての熱処理に対する疑問、質問、すべてお答えいたします。

 

熱処理についての解説はブログ欄から「こちらをクリック」してご覧ください。

 

 

水素熱処理のサーマル化工

「よくわかるサーマル化工サイトはこちら」

 

品質、納期、価格面、技術面のお悩みは対応力が自慢のサーマル化工にお問い合わせください。
24時間対応いたします。資料請求もお気軽にどうぞ。