「脱炭処理について」

「脱炭処理について」

「脱炭(だったん)と読みます」

 

今回は炭素が無くなる脱炭に関しての投稿です。熱処理には「浸炭焼入れ」(しんたんやきいれ)

「浸炭窒化」(しんたんちっか)などの硬化処理があります。

サーマル化工ではこれらの処理は自社内では行っていませんが、協力会社様で行えます。

硬くなるものが、軟らかくなってしまうので硬さを求める製品にとっては「不具合品」とされてしまいます。

 

「脱炭の目的とは」

 

目的に応じて組織を変化させること、これが熱処理です。炭素があると困るものは電気部品に使われる金属です。

詳しくは下記のブログをご覧ください。

 

「熱処理の磁気焼鈍とは」

 

「脱炭量を調整してみます」

 

焼鈍の一覧になります。

 

温度 種類 内容 時間
応力除去焼鈍 材料がつくられる段階の冷える速度により、

大きな内部応力が生じます。

これを除くのがひずみ取り焼鈍です。

あらかじめ焼鈍材として販売していることもあります。

中間焼鈍 一般的な加工をすると、

材料は徐々に加工硬化を起こします。

破断などを防ぐために途中で熱処理を行います。

目的によって完成品の硬度を調整したり、

バネ性を向上するために行う材質もあります。

キュリー 球状化焼鈍

拡散焼鈍

材質(炭素量)により行う焼鈍です。

組織中に球状炭化物を拡散させる熱処理です。

均一の温度は拡散処理の安定につながります。

やや

完全焼鈍

磁気焼鈍

鋼の場合、ここの温度はγ域温度

(A3もしくはA1温度以上)となり、

磁性材料の場合は磁気焼鈍の温度になります。

完全焼鈍はおこなうと元の硬度や組織には戻せません。

また、均等に加熱しないと組織がばらつきます

 

色々と調べましたが、脱炭に関しての記述は少なく、

はっきりとした温度はわかりません。

 

 

理論上、水素雰囲気中でかつ、酸素が多く(もしくは酸化物)熱処理温度が高ければ、脱炭は起こります。

 

 

0.044%炭素鋼の脱炭処理をおこないます。

 

 

水素雰囲気で行い還元し、脱炭しました。

結果0.001%まで脱炭しました。

研究案件:山方技術士事務所様

成分分析:埼玉県産業技術センター様

 

しかしながら、「炭素量の調整」とまではいかず、炭素鋼や低炭素鋼の活用方法を広げるまでの結果とはなりませんでした。

 

「焼鈍」専用ページはこちらから

 

 

「研究開発案件を事業としています」

 

サーマル化工ではこのような今までにない、熱処理で素材の付加価値を高める研究開発を事業としておこなっています。

研究開発を行っている企業様で熱処理に関しての計画のある案件はぜひご連絡いただければ幸いです。

また、当面の間、大学、高専の研究案件に関しましては無償で行います。詳しくはこちらをご覧ください。

 

「サーマル化工としてできること」

 

その他にも、比較材料の購入・加工、熱処理後の表面処理(メッキ・被膜・特殊コーティング)面倒な加工会社探し、

手続きに時間を有している皆様、ものづくり企業のネットワークでワンストップサービスを提供いたします。

まずはお気軽に、熱処理のことならサーマル化工へ。

こちらの お問い合わせフォームにご連絡いただければ幸いです。

 

 

純鉄0.1mm磁気焼鈍後

黒染め・パーカー処理を行ったサンプルです。

 

熱処理無料相談窓口を開設いたしました。

 

こちらをクリックしていただくと、専用ページに移行します。サーマル化工内の熱処理でなくとも大丈夫です。

まずはご連絡ください。

 

水素熱処理のサーマル化工

よくわかるサーマル化工サイトはこちら

 

 

 

 

品質、納期、価格面、技術面のお悩みは対応力が自慢のサーマル化工にお問い合わせください。
24時間対応いたします。資料請求もお気軽にどうぞ。